Top > 馬のプラセンタ

馬のプラセンタ

プラセンタには様々な種類があり「若返りの秘薬」とも呼ばれています。
馬のプラセンタがあるのをご存知でしょうか。現在では、プラセンタと言えば「豚」が主流となっています。ですが馬のプラセンタは総アミノ酸の含有量が、平均して250倍以上もあるのです。さらに、豚プラセンタにはない6種もの必須アミノ酸も入っています。
馬と豚では胎盤の成分の濃さが異なっているのです。なぜならば馬は1頭しか出産しませんが、豚は約10頭も子豚を生みます。ですから、胎盤の薄さが全く違うのです。馬の胎盤は、人間と同じ臓器と言われているほどです。こういったことからも、馬と豚のプラセンタの違いが、分かって頂けるのではないでしょうか。
馬のプラセンタというのは、とても安全性が高いとされています。馬というのは豚に比べて寄生虫が住みつきにくいことや抗原度が低くアレルゲンになりにくい・反芻しないので内蔵が綺麗など他にもたくさんの安全性が立証されています。
現在は、ほとんどが豚のプラセンタを使用していますが、中には馬のプラセンタにこだわったメーカーやクリニックなどもあるので、成分を確かめて見るのも良いのではないでしょうか。プラセンタをお探しなら、ぜひ馬プラセンタを試して見て下さい。

 

 小学校デジタル教材  深層心理人生相談  人生相談掲示板  人生相談師
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
馬のプラセンタ(2009年5月23日)
プラセンタ100(2009年5月23日)
プラセンタ注射(2009年5月23日)
プラセンタ化粧品(2009年5月23日)
プラセンタドリンク(2009年5月23日)